営業に向かない人へおすすめしたい転職先はココ!営業の向き不向きも一緒にチェック

「自分は営業職に向いていないんじゃないか。」

そう悩んで、転職を考えているのではありませんか?

向き不向きがよく分かる営業の仕事。

思うように業績が上がらなかったり、仕事が上手くいかないと、つい違う仕事に変えたいと思ってしまいますよね。

そこで、ここでは自分が営業に向いていないと感じている方におすすめの転職先をご紹介していきたいと思います。

営業からの転職を考えている方は要チェックです。

営業はもう嫌だ!営業を辞めたいと思う理由

まずは営業を辞めたいと思ってしまう理由からお伝えしていきます。

営業を辞めたいと思う理由には、以下のことがあるようです。

ノルマを達成しなければいけないプレッシャー

営業職には付き物なのが「ノルマ」です。

当然ノルマを達成できなければ上司から叱られてしまったり、ノルマを達成できない時が続くほどプレッシャーは強くなっていってしまいます。

そうしたことから営業を辞めたいと思ってしまうようです。

断られるのがツライ

営業の仕事をしていれば、商品をすすめても断られてしまうことがあるでしょう。

せっかく商品の良さを伝えても断られてしまったら、やはり悲しいですよね。

断られる=ノルマ達成も遠ざかっていってしまうのでそれがツライというのも辞めたくなる理由にあります。

コミュニケーションが上手く取れない

営業職にコミュニケーションは必須。

コミュニケーションを取るのを避けていては、営業職は勤まりません。

しかし、コミュニケーションを取るのが苦手だと売り込むためのトークも上手くできず、結果的に辞めようと思ってしまう人が多いようです。

仕事で長時間拘束されたくない

営業職をしていれば残業があることも珍しくはなく、その分拘束時間が長くなります。

それに営業職は取引先と会うためにも外で仕事をすることが多く、時には接待もしなければなりません。

それは平日だけでなく、休日にまで及ぶことがあります。

プライベートがほとんどない状態だと、なんのために仕事をしているのかも分からなくなってきてしまいそうですよね。

そういう不満から営業を辞めたいと思ってしまうケースもあります。

自分は営業に向いてる?向いてない?営業に不向きな人の特徴

では、営業に向いていない人にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

営業に向かない人には、以下のような特徴があります。

時間やスケジュールの管理がしっかりできない

時間やスケジュールの管理ができない人は、営業に向いていません。

それは、時間にだらしないと大事な相手との約束をきちんと守ることができないからです。

取引先との待ち合わせなどで相手よりも自分の方が遅く到着してしまったら、相手の方にもガッカリされてしまいかねません。

こちらが遅れると、その分の相手の時間を台無しにしてしまっていることになります。

また、待ち合わせの時間に遅れてしまえば会社へも迷惑がかかり、同時に信頼も失ってしまいやすくなります。

コミュニケーションを取るのが苦手

コミュニケーションを取るのが苦手な方も営業職には向きません。

なぜなら、コミュニケーションはお客さんや取引先の信用を深めるためにも大事な手段だからです。

お客さんや取引先との良い信頼関係が築ければ、それが契約の成立や自分の成績アップにもつながります。

しかし、コミュニケーションを上手く取れないと成果も思うように現れないので営業にはあまり向いていないということになります。

頭を下げたくない

頭を下げたくないというプライドが高い人は営業向きとは言えません。

営業の仕事をしていれば、頭を下げなければいけない状況がきっとあります。

お客さんからの印象を悪くしてしまわないためにも低姿勢で接しなければいけないし、もしも印象が悪くなってしまえば契約の成立も難しくなってしまいます。

ストレスやメンタルの忍耐がない

自分が紹介する商品などが必ず相手に受け入れてもらえるとは限りません。

営業をしていれば、断られてしまうことだってあるでしょう。

そんな営業の仕事ですから、ストレスやメンタルへの忍耐がない人も不向きです。

営業の仕事をするのであれば、営業の仕事を楽しく感じたり、ストレスを上手に発散してメンタルを維持していく必要があるということですね。

清潔感がない

清潔感がない人も営業には向いていません。

見た目が不潔な状態よりだったら、やはりキレイな状態の方が印象も良いですよね。

不潔で印象が悪いと、それだけで契約の成立を邪魔してしまうこともあります。

ですから毎日たくさんのお客さんと接する営業には、清潔感が欠かせないのです。

営業に向いていない人におすすめの転職先とは?

最後に、営業に向いていない人へおすすめしたい転職先をご紹介していきたいと思います。

営業からの転職を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

人事などの業務

たくさんの人と接する営業職は、人事業務でもその経験を活かすことができます。

それはパッと見ただけで相手がどのような人なのか分かる目が鍛えられているからです。

そのため会社に合っている人材かどうかを見極める採用などの人事の仕事もおすすめです。

また、人事は営業ほどではないものの、人と接する機会が多くあります。

ですから営業で鍛えたコミュニケーション能力も活かしていくことができますよ。

企画

営業職から転職をする場合は、企画の仕事もおすすめです。

営業の仕事では時間やスケジュールに追われて疲れてしまっていた方もいると思います。

しかし、企画の仕事だったら自分の好きなように仕事を進めていくことができるので、自分のペースを守りながら仕事をしていきたいという人にもおすすめの職業ですよ。

コンサルタント

コンサルタントとは、専門職や経営者などいくつもの職業の方に、どうすれば商品の売り上げをアップすることができるのかなどをアドバイスしていく仕事です。

そんなコンサルタントの仕事では、営業職で経験したコミュニケーション能力や相手の立場に立って考えるという部分を活かすことができますよ。

営業から転職をする際は、コンサルタントの仕事もぜひ候補に入れてみてくださいね。

営業から逃げたい!という方は下記のサイトを参考にご覧ください。

営業以外の仕事についてまとめられています。

>>営業から転職

まとめ

「自分は営業職には向いていないんじゃないか。」と不安になってしまっている人もきっといると思います。

自分は営業に向いていないのではないかと思ってしまった時は、上記でお伝えしたことなどを見比べて確認してみてくださいね。

また、営業からの転職を考えている方は、ご紹介した職業もぜひ視野に入れてみてください。

営業の経験を活かすことができる、自分に合った理想の転職先を見つけちゃいましょう。