営業から事務へ転職するのは簡単?転職を成功させるためにやっておくべきこと

自分が頑張った分だけ成果が現れる営業職。

しかしその分仕事をしていて感じるストレスも多いことでしょう。

「営業は体力的にも疲れる仕事だし、デスクワークの事務に転職したいなぁ。」

そう考えている方も中にはいるのではありませんか?

外で長時間仕事をするよりだったら、会社の中で事務をしていた方がいいのではないかと思ってしまう時もあるかと思います。

そこで、ここでは営業から事務への転職を考えている方のために、営業から事務に転職する方法についてご紹介していきますね。

営業職から事務職への転職を考えている方はぜひご覧ください。

事務職ってどんなもの?営業職とはどう違うの?

それではさっそく、事務職とはどんな仕事なのか、営業職とはどう違うのかを見ていきましょう。

事務職には営業職と違う良いメリットがたくさんありますよ。

事務職の仕事内容

事務職の主な仕事内容は、以下のとおりです。

  • 資料や書類の作成
  • 電話・メールの応対
  • 来客の対応
  • データ入力や集計
  • ファイルの整理

営業職とは違い、事務職は業務への正確さが求められます。

また、事務職はパソコンスキルなども求められるため基本的なPC操作もできるようにしておかなければいけません。

しかし、電話や来客の対応であれば営業の経験を活かすこともできそうですね。

営業から事務に転職をするメリット

事務職の仕事内容を見て分かる営業から事務に転職をするメリットには、以下のようなものがあります。

l  残業がほとんど無く、定時で帰ることができる

l  接待などがないから時間を拘束されない

l  土日などの決まった休みをゆっくりと過ごすことができる

l  ノルマ達成などのストレスがない

l  室内で仕事をするから天候が悪くても安心

営業よりも、事務の方がたくさんのメリットがありそうですね。

しかし、そんな事務職にもデメリットはあります。

では、そのデメリットについて見ていってみましょう。

事務の給与は営業よりも安め

営業職から事務職に転職するデメリットは、給与が低くなるということです。

給与に大きな差があるというわけではありませんが、営業は時間外だと手当と付けてもらえたり、目標を達成した際には給与以外にも報酬をもらうことができるからです。

やはり給与はたくさんもらえた方が嬉しいですよね。

自分の体力や時間を重視したい方は事務職、たくさん稼ぎたいという方だったら営業職が向いているかもしれません。

営業から事務へ転職することはできる?

では、営業から事務へ転職したいと思った時、転職をすることはできるのでしょうか?

見ていってみましょう。

人気の事務は倍率も高い

事務は人気があり、倍率も高いです。

また、営業の仕事をしていたとなるとデスクワークよりも体を動かす仕事の方が向いているのではないかと思われてしまう可能性もあります。

営業から事務に転職するのは不可能というわけではありませんが、事務に就くのは簡単ではないということを頭に入れておきましょう。

しかし、事務の中でも営業事務だったら営業の経験を活かしやすいかもしれないですね。

事務に応募をする場合は、事務でも役立つスキルがあるかどうかというのも積極的にアピールしてみましょう。

未経験でも事務職に就くことはできる

営業の仕事だけをしてきたから、事務は未経験という方もいると思います。

ですが未経験でも事務職に就くことはできますよ。

また、未経験歓迎のところだったら事務の経験やスキルよりも、その人が持つ良い部分や人物像を重視してくれたりする可能性があります。

営業から事務への転職を考えている方は、未経験でも問題がない企業を受けてみるのも1つの手ですよ。

営業から事務に転職するためにやっておくべきことは?

最後に、営業から事務に転職するためにやっておくと良いことをお伝えしていきますね。

事務職に就くためにも、ぜひ試してほしいなと思います。

事務職についてちゃんと理解する

まず転職をする前にやっておくべきことは、事務職についてちゃんと理解しておくことです。

それはなぜなら、営業をしていた時は事務への良いイメージを持っていたとしても、実際に転職してみたら想像とは全然違ったということもあり得るからです。

そうなると、「また違う職に転職をしよう。」と思ってしまったり、「営業のままの方が良かったかも。」と思ってしまうことだってあるかもしれません。

また、事務職についてきちんと把握していれば面接などでもスムーズにやりとりをすることができるようになりますよ。

自己分析をしてアピールできる部分を見つける

事務職へ転職する前には、自分なりに自己分析をして、自分のどういうところを事務に活かせそうかというのも探しておきましょう。

事務に活かせる自分の良いところを分かっていれば、応募や面接の際にアピールをしやすくすることができますよ。

営業で求められていたコミュニケーション能力だって、事務でも役立てることができるはずです。

自分のアピールポイントを見つけて、積極的にアピールをしちゃいましょう。

面接に向けて準備をしっかりと行っておく

採用をされるためには面接での印象もとても大事になります。

そのため面接に向けて準備をしっかりと行っておく必要があります。

営業をしてきた人は、体育会系だから事務には合わないのではないかと思われてしまう可能性もあるので、それをあまり前面に出してしまわないように気を付けましょう。

きちんと空気を読み、低姿勢で冷静さを心がけていれば採用担当者の方にも好印象を抱いてもらうことができますよ。

基本的な面接対策だけでなく、態度や受け答えにも気を付けて面接に臨んでみてくださいね。

時間があるなら資格を取得する

事務職になるなら必ずしも資格が必要というわけではありませんが、事務でよく使うパソコンの資格などを持っていると転職を有利にすることができます。

事務の仕事ではパソコンを使う機会が多く、パソコンスキルが求められます。

ですからマイクロソフトのExcel・Word・PowerPointなどの資格を持っていると倍率の高い事務職にも就きやすくすることができますよ。

もしも資格の勉強をしたり、資格の取得をするほどの時間がないという場合でも、ある程度のパソコンスキルは身に付けておきましょう。

まとめ

営業から事務への転職は可能なのかどうか、気になっていた方もいると思います。

しかし、営業から事務への転職をすることはできることが分かりましたね。

事務職を目指すときには、上記でお伝えしたことも参考にしていただければ幸いです。

事務職への転職を考えている方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です