営業でクビになってしまう理由は?営業から転職をすることはできる?

「営業でクビになってしまったけど、一体これからどうすればいいんだろう。」

と、営業の仕事でクビになってしまって先が思いやられている方もいるかもしれません。

せっかく営業で頑張っていたのに、なかなか成果が出ずに挙句の果てには解雇にされてしまったら、とてもショックですよね。

そこで今回は営業から転職をしたい方に向けて、くわしくお伝えしていきたいと思います

営業からの転職を考えている方はぜひご覧ください。

営業からの転職を考えてしまう理由は?

まずは営業からの転職を考えてしまう理由から探っていきましょう。

営業の仕事をしている人は、以下のようなことで悩んでいるようです。

ノルマをクリアできないと叱られる

やはり、営業で一番悩みの種となるのがノルマではないでしょうか。

ノルマを達成できなくてひどく叱られてしまった経験がある方も中にはいると思います。

しかし、ノルマを達成できない自分が悪いんだと思っても、叱られるのは誰だって嫌なものですよね。

そうしたことから転職を考えてしまうことがあるようです。

人とのコミュニケーションを取るのが苦手

営業は、嫌でも人とコミュニケーションを取っていかなければいけないので、それがストレスになってしまう場合もあります。

元々コミュニケーションを取るのが苦手な人は、それが原因で営業から転職したいと思ってしまうこともあるようです。

もっと自分が成長できる企業で働きたい

営業からの転職を考える人には、営業への悩みだけでなく、さらに自分が成長できる企業や条件の良い企業に転職したいという人もいるようです。

それはスキルアップだったり、キャリアアップだったりとさまざまです。

たとえ営業で活躍していたとしても、欲が出てきてしまうことがあるということですね。

営業でクビになってしまうのは成績が悪いから?クビになる原因って?

では、営業でクビになってしまうのはなぜなのでしょうか?

営業でクビになる人には以下のような特徴があります。

営業の成績が悪い

「営業は契約や数字を取れてなんぼ。」

というように、営業の成績が悪いとクビになってしまう可能性が高くなります。

成績が悪いからといって必ずしもクビになってしまうわけではありませんが、成績が悪い=会社に貢献できていないと思われ、解雇されてしまうこともあります。

やる気や意欲が感じられない

やる気や意欲が感じられなくても、クビになってしまうリスクが高くなります。

たしかに契約や数字を取れないのは良いことではありませんが、やる気や意欲をきちんと持っていれば、簡単に解雇はされません。

しかし、それでも必要最低限の能力すらないと判断されてしまうと、クビになってしまう場合もあるでしょう。

犯罪行為や会社の規則に反する行為をした

業績が良いからといってクビにならないというわけでもありません。

犯罪行為や会社の規則に反する行為をすれば、成績が優秀であってもクビになってしまいます。

例を挙げてみると、飲酒運転や社内でのハラスメントなどです。

これらはクビになってしまう原因となるので注意しましょう。

また、業務中に仕事をサボって遊んでいたりしても、それがバレた場合はクビになってしまう可能性があります。

クビになるかどうかは雇用形態によっても変わる

営業の成績が悪くても、クビになるかどうかというのは雇用形態によっても変わります。

試用期間中だったり、期間が定まっている正社員だったらクビになってしまう可能性が高くなります。

しかし、正社員の場合は成績が悪くてもクビにはなりません。

正社員だと、本人の意思で辞めてもらう自主退社という形になります。

ですが正社員であっても、会社に居づらくなって辞めてしまう人も多いようです。

営業から他の職種に転職するためのコツとは?

最後に、営業から他の職業に転職するためにはどのようにすればいいのか、そのコツについてお話していきますね。

営業から転職することができるのか心配な方は、ぜひ見てみてくださいね。

営業をなぜ辞めることになったのか理由をハッキリさせる

営業から他の職種に転職するには、なぜ営業を辞めることになったのかという理由をハッキリさせておかなければいけません。

理由をハッキリさせておくことで、次の転職先でもまた同じ理由で辞めてしまう危険を避けることができますよ。

営業ではどの部分が嫌だったか、ダメだったか。

または自分にはどういう仕事が向いていないのかなどを把握しておくと、転職先でもきっと成功することができますよ。

営業の経験で得たスキルをアピールする

営業から転職をする場合、営業の経験で得たスキルをアピールすることでも転職を成功させられるかもしれません。

営業ではお客さんと接するうちにコミュニケーション能力が鍛えられたり、いくつものクレームやトラブルに遭遇していくうちにそれらの対応力だって身に付いていくはずです。

そういった営業での経験は、転職をする際の強みにもなります。

ちなみに営業から転職をする場合におすすめの職業には、以下のようなものがありますよ。

  • サービス業や接客業
  • 営業事務
  • 経理や会計

サービス業や接客業、営業事務などでは営業の経験を活かすことができますし、経理や会計であれば営業が向いていないと感じてしまった人にも向いている職業です。

転職をするなら、紹介した職業もぜひチェックしてみてくださいね。

希望する職種の資格を取得する

希望する転職先の職種がもう既に決まっているのであれば、それに向けて資格を取得しておくという手もあります。

営業から転職をするといっても、その転職先の仕事が未経験であれば採用の確率も下がってしまいます。

しかし資格を持っていれば、希望する職種に応募をする時にも有利にすることができますよ。

転職エージェントを使ってみる

営業からの転職を考えている方は、転職エージェントも活用してみましょう。

転職エージェントとは、転職活動をサポートしてくれるサービスのことを言います。

自分に最適な求人を見つけ出して紹介してくれたり、面接のスケジュールを立ててくれたりします。

また、応募に必要な履歴書や職務経歴書、面接などで不安があっても適切なアドバイスをしてくれますよ。

利用料もかからず、無料で利用することができるのでぜひ活用してみてくださいね。

まとめ

営業をクビになってしまったら、とても悲しいですよね。

転職をするにしても、自分はどこが悪かったのかをきちんと把握し、自分のことを見つめなおしてから転職活動を行っていく必要がありそうです。

しかし、誰にだって仕事の向き不向きはあります。

しっかりと自分のことを理解しながら転職先を探していけば、きっと自分にピッタリの職場を見つけることができるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です