女性が営業から転職をしたいと考えるのはなぜ?仕事で得た経験を活かせる職業とは

「もう疲れた。」

営業からの転職を考える女性の多くは、このような理由から転職を希望する方も多いのではないでしょうか。

常にノルマやプレッシャーと向き合わなければいけない営業職は、ストレスが溜まる原因にもつながってしまいやすいものだと思います。

そこで今回は、女性が営業職から転職を考える理由や、転職先におすすめしたい職業はどこなのかをお伝えしていきます。

営業職にはもう嫌気がさしてしまったという方はぜひご覧ください。

女性が営業から転職を考えるのはなぜ?

それではまず、女性が営業からの転職を考える理由にはどのようなものがあるのか詳しくご説明していきたいと思います。

あなたの他に、女性はどんなことで悩み、営業から転職をしたいと考えているのか見ていきましょう。

なかなかノルマを達成することができない

まず理由として挙げられるのが、ノルマを達成できないことによる転職です。

ノルマが決まっていることの多い営業職は、自分の成果がうまく上がらないと大きなプレッシャーがのしかかってきてしまうからです。

また、職場でノルマを達成することができないとパワハラを受けてしまいやすいことも、転職の理由にあるようです。

どれだけ元気でしっかりしている女性だって、毎日パワハラを受けていたら自然とやる気が薄れていってしまいそうですよね。

その他にも、ノルマを達成できたとしてもそれに対しての給与が少ないと不満を抱いてしまっている女性もいらっしゃいました。

残業や休日出勤が続いて疲れてしまった

次に挙げられている理由が、繰り返し続く残業や休日出勤で体力的にも精神的にも疲れてしまったというものです。

営業職では残業があったり休日出勤があったりすることは、あまり珍しくありません。

日中の明るい時間帯に外で仕事をし、夕方からは社内でさらに業務を行わなければいけないことも頻繁にあります。

そこでもしも先に自宅へ帰宅した旦那さんが待っていたり、大事に思っている子供がお家の中で寂しく過ごしていることを考えたら、すごく辛い気持ちになってしまいませんか?

また、通常なら仕事をする必要がない時間帯まで無理をしてずっと働きたいと思う方はきっと少ないと思います。

そのような長時間労働に疲れて転職を考える女性も多いようです。

コミュニケーション能力が必要だから

営業職では社内の人や営業先のお客さんなどとコミュニケーションを取る必要があり、人付き合いが欠かせません。

特に営業先のお客さんの場合は一緒に会食をしたり、接待をしたりと大忙しです。

そのせいでストレスを抱え、転職を考える女性もいます。

営業で断られるのはもうコリゴリ

最後は「営業で断られるのはもう嫌だ。」と感じていることが理由の転職です。

営業は断られるのが仕事と言ってもいいほどお客さんなどに勧めたものを断られてしまうことが多くあります。

しかし断られるかもしれないと思っても、それが何度も続けばだんだんと心が折れかけてきてしまいそうになりませんか?

そんなことに嫌気がさし、転職に至るケースもあるようです。

どうすれば女性は営業から転職しやすくなるの?

女性が営業からの転職を考える理由には、さまざまなものがありましたね。

そして転職を望んだ時に、その転職が成功するかどうか不安になってしまうこともあるのではないでしょうか。

ここからは、一体どのようにすれば転職が成功しやすくなるのか少しだけお伝えしていきますね。

営業職で得た経験を活かせる職場に転職する

まず、営業職での経験からどのような能力が期待できるのか探ってみましょう。

営業職の経験を活かせる能力には、次のようなものがありますよ。

ヒアリング能力

ヒアリング能力とは、相手の話を聞いて自分できちんと理解する能力のことを言います。

そしてこのヒアリング能力は、営業職を通じて鍛えていくことができるのです。

話を聞くことや自分の頭でちゃんと理解することはどの職業においても必要なことなので、転職をしてもその能力を活かすことができますよ。

企画をして自分でプレゼンテーションする能力

営業職で学んだプレゼンテーション能力も、たくさんの職業で役立てることができます。

契約を結ぶために営業で工夫して交渉していると、プレゼン能力が高くなり、他の職場で必要となった時にも能力を活用することができますよ。

データを集めて分析する能力

商品の売り上げを伸ばすためにも、常にお客さんの中で流行っているものや好みのものを把握しておく必要がある営業職は、データを集めて分析する能力が欠かせません。

ですから営業でそのようなことを行っているうちに、どんな商品が売れそうかという予想が立てやすくなります。

そうした情報収集をして自分なりに分析する力は、想像力が必要となる職業でも役立つことでしょう。

営業からの転職を専門としている転職エージェントを使う

営業で得た経験を活かせる仕事を探すことも大事ですが、そもそも仕事を続けながら転職先を探すとなるとなかなか時間を作れない方もいらっしゃると思います。

そこで活用すると便利なのが「転職エージェント」です。

転職エージェントは自分の希望にぴったりの求人を探して紹介してくれたり、応募する時のサポートをしてくれたりと、転職に不安を抱える私たちの心強い味方になってくれますよ。

また、希望する応募先が見つかったら、その職場の内部事情を教えてもらうこともできます。

このように、とても便利で嬉しいサービスがたくさんあるので、転職を考えた時はぜひ転職エージェントを使ってみてくださいね。

女性が営業から転職をするならこの職業で決まり!

最後に、営業からの転職を考えている女性におすすめしたい職業を3つご紹介していきます。

もしもどのような職種へ転職しようか迷っている場合は、参考にしていただけると幸いです。

コンサルタント

コンサルタントは簡単にご説明すると、依頼された企業のクライアントに対して改善点をアドバイスしたり、指導したりする職業のことを指します。

そしてこのコンサルタントは営業の仕事と似ている点が多く、複数の女性がコンサルタントへの転職を果たしていますよ。

あなたも興味があれば、コンサルタントへの転職をチャレンジしてみてくださいね。

事務

続いて営業からの転職で女性に人気を集めているのが、事務職です。

事務職では営業経験者を求めているところが多くあり、営業の経験を経て転職している女性はたくさんいらっしゃいますよ。

また、営業とは違い、事務は定時で帰宅できるところも女性にとって外せないポイントなのだと思います。

営業で毎日動き回る忙しい仕事に疲れてしまった方も、デスクワークでゆっくりと過ごせる事務職だったら安心して業務を行うことができそうですね。

企画

営業から転職をするなら、企画職もおすすめです。

アイデアを屈指して自らが商品などを作り上げていく企画職では、営業で得た知識や経験を活かすことができますよ。

まとめ

今回は、女性が営業からの転職を成功させやすくする方法や、おすすめの転職先などについてご紹介してきました。

営業の仕事に疲れ果て、違う仕事をして楽になりたいと望んでいる女性も多いのではないかと思います。

転職を成功させ、新たな人生をスタートさせてしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です